横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


羽生義之介
横濱ジャズ研 研究員
羽生義之介 (evergreen)
HANYU, yoshinosuke [画像:中左]

1978年横浜にblack/Italian/Japaneseのmixとして生まれ、
音楽溢れる家庭に育つ。胎教にソウル。子守唄はジャズ。
hiphopとfreesoul三昧の青春時代を送る。
2005年に横浜underground sceneに遭遇。
横浜伊勢佐木町 Bar moveの長寿event「waterflame」の主宰である、
間宮氏との出会いをきっかけにDJを始める。
日頃の音遊びで培われたパーティーピープル的な振る舞いに定評があり、
black/Italian/Japaneseのmixゆえの折衷感覚に基づき、
partyの喜びと楽しさを伝える事をDJの第一義としている。

入り口はnat king cole「L.O.V.E」と、
louis armstrong「when the saints go marching in(聖者の行進)」。
休日の愉しみはCD diggin'。

現在、bar move第一金曜日"evergreen"のレギュラーDJである他、
motion blue横浜で開催されるclub jazz event"afrontier"http://afrontier.com/のstaff兼横浜広報であり、
間宮氏管理人のmixiコミュニティ"横浜UndergroundClub友の会。"副管理人でもある。

現在"evergreen""横濱ジャズ研"レギュラーDJとして活動中。
ゲストDJとしても諸々マイペースにプレイ中。
横浜最大級ジャズパーティー"afrotnier"ではDJではなくスタッフとして参加。

入り口はnat king cole「L.O.V.E」と、
louis armstrong「when the saints go marching in(聖者の行進)」。
休日の愉しみはCD diggin'。