横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


【08冬】サングリア レシピ 2008.02.17 Sunday
学食

当日は5リットルほど用意しましたが、大好評であっという間になくなってしまいました。ありがとうございます!あまりにも飲みやすいので、酔っぱらっている方もちらほら。。。
サングリアはスペインの飲み物で、作る人によってレシピが違います。果物を数時間浸けるといっそうおいしくなります。時間がない時はグラスに果物をいれて一緒に楽しむのも良いと思います。入れる果物を変えて自分のオリジナルサングリアを作ってください!


<レシピ>
 赤ワイン 750ml
 CCレモン 1,500ml
 ゆず 1個
 レモン 1個
 伊予柑 1個
 リンゴ 1個
 いちご 1/2パック(7〜10個)
 グレープフルーツ 1個
 シナモン 少々
 クローブ 少々

1. 果物を切ります
 ゆず、レモン:皮ごとスライス
 伊予柑、グレープフルーツ:皮を剥いて房を2、3に分ける
 リンゴ:4等分してさらに細切り
 いちご:6等分

2. ワインとCCレモンを混ぜ、切った果物を入れます。

3. 好みでシナモン、クローブを入れます。

4. 3〜4時間浸けて完成。


赤ワイン
ワインは安ければ安いほどおいしいサングリアができるらしいです。今回は渋みの要素であるタンニンが入ったスペインワインを使用しました。

CCレモン
スペイン人の友達はレモンソーダ(ファンタレモン)を使っていました。レシピによっては炭酸水+砂糖という組み合わせもあるらしいですが、ジュースを使った方が砂糖の配分も気にせず簡単だと思います。

果物
 冬のジャズ研ということで、日本の冬の果物を中心に選んでみました。

スパイス
こちらはお好みで。シナモンスティックやクローブをそのまま入れても良いと思いますが、今回はどちらともパウダーを使いました(近所のスーパーにはなかったため)。シナモンには興奮作用があるらしい?ので入れ過ぎには注意。
| jazzken | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/645448
<< NEW | TOP | OLD>>