横濱ジャズ研

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 

横 濱 ジ ャ ズ 研  D J   m i x   公 開 中 ! 
mixed by 菊川悠一 mixed by 日向さやか mixed by 安部心 mixed by 羽生義之介
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!
次回のジャズ研活動
第25回横浜ジャズ研
2013/12/22(日)22:00〜
@長者町Bar MOVE
講義テーマ:横濱ジャズ研

会場 Bar MOVE
住所:横浜市中区長者町7-114HDイセザキビル4F
電話:045-243-0999
最寄駅: JR関内駅、京急日ノ出町駅
長者町7丁目交差点のビル4F。1階が薬局で向かいは かに道楽 です。
クリックして大きい地図を表示
地図(Google Map)




横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


【第1回】横濱 "裏" ジャズ研 "This is how I feel about HOUSE MUSIC." 2008.01.18 Friday
ジャズ研イベント



横濱 "裏" ジャズ研、1月18日(金)開催します!

裏ジャズ研のコンセプトは「ジャズ研が提案するハウスミュージック」

ジャズだけではなく各研究員が出会った音のルーツを通したハウスをみなさまへお届けします。ディープハウスやガラージ、ラテンハウス、クロスオーバーなど、生音ジャズが全体の80〜90%かかる通常のジャズ研とは違った雰囲気がお楽しみいただきます(生音ジャズも少しかける予定)。
また、特別客員教授として横浜ハウスの最重要人物の一人、DJ.HI-DEO氏を招いて裏ジャズ研を盛り上げていただきます。

HI-DEO氏には「HI-DEO氏が考えるジャズ」を表現してもらうよう。
それはジャズのフィルタにかけたハウスになるのか、スタンダードジャズなのか…。答えは来てのお楽しみに。


【第1回】横濱 "裏" ジャズ研 "This is how I feel about HOUSE MUSIC."
日にち : 2008年1月18日(金)22:00〜
チャージ:フリー
場所:
 Sound Community Dub(横浜 日ノ出町)
 神奈川県横浜市中区日の出町1−20 2F
 地図:Google Map
 045-242-2791

研究員:
 菊川 悠一(youknowhat?)
 日向 さやか(cuban groove+1)
 安部 心(easol)
 羽生 義之介(evergreen)

特別客員教授:
 DJ.HI-DEO

HI-DEO氏プロフィール:
 沖縄火の玉ホールでプレイしていたDJミーパン、MASSYらのもとでハウスミュージックに目覚め、1996年より横浜でDJとしてのキャリアをスタート。
 「Sound Community DUB」のオーナーでもあり、DUBオープンより、今では県内有数の音質を誇る音楽BARにまで築きあげ、地元横浜でハウスミュージックを提供し続けている。
 また、Hi-deo率いるサウンドシステムチーム「かもめサウンドシステム」は、「心地良い音のある空間を楽しむ・創る=Sound Design」がコンセプト。場所を選ばず最高の音空間を提供し、定評を得ている。
 2003年にスタートした「YOKOHAMA Sunday Afternoon Party LUV.co」、そして2004年スタートの「Another Ground」では、かもめサウンドシステムと横浜ハウスミュージックの融合を実現。現場の空気を汲んだ柔軟な選曲と型にはまらない躍動的なスタイルでオーディエンスを湧かせ、最高に心地の良い空間を創りだしている。
 2006年はpateZ(BLOK16)と横浜で共演、また同年、毎年恒例の沖縄遠征にもPete Zが同行し共にフロアを湧かせた。
 2007年にはカモメサウンドワークスを設立。
 過去には和太鼓、フラダンス、サルサなどとの多彩なコラボレーションも実現、成功させる一方で、横浜ハウスミュージックの礎を築き上げ、盛り上げてゆこうとするその姿勢と意欲は、止まるところを知らない。
| jazzken | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment








あえての打ち込みメインの裏ver。
新鮮でしたね!

2/10のジャズ研もトバしていきましょう!
posted by yoshinosuke | 2008/01/20 8:31 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/585347
<< NEW | TOP | OLD>>