横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


福井アミ/Piano 2013.09.09 Monday
出演者プロフィール
福井アミ/Piano
福井アミ/Piano


4歳よりエレクトーン、6歳の時にはヤマハジュニア科専門コースで作曲、編曲、その他音楽全般を学び、クラシックピアノを岡山好直氏に師事する。小・中・高と雙葉学園で学ぶ中、17歳の時、ユキ・アリマサ氏(ジャズピアニスト)の演奏と出会い、そのグルーブ感、奏でるメロディーの美しさに感動し、師事する。同校卒業後、洗足音楽大学ジャズコースに進学。在学時に透明感のある音色に惹かれ、高田ひろ子氏や今泉正明氏にも師事する。
2006年1月、第2回横浜新人ジャズオーディションにて最優秀賞を受賞。同年9月には六本木STBで行われた、タレント林マヤ氏の「マヤマヤの天高くジャズ来ゆい秋」のサポートメンバーとして出演。2008年1月には、世界的に有名なジャズチェリストの吉川よしひろ氏や能楽囃子大倉流大鼓の大倉正之助氏とも共演する機会に恵まれる。
2010年には、全曲オリジナルの楽曲で挑んだ自身初となる1st Album「Urban Clutter」をリリース。時を同じくして、ピアノをテーマにしたコンピレーション「PIANO JAZZ2」にも収録され、そのコンポジションセンスを高く評価される。九州テレビ、TVQ「おとななテレビ」のオープニングテーマ曲として、2013年3月までオリジナル曲、Organic Showerを起用される。
また今年2013年、5/15には自身のバンドをタイトル名にした、2ndアルバム「Amizm」をリリース。横浜を舞台に開催される音の祭典"Sound Olympic"への出演獲得や、6月には九州ツアー行い、ジャンル問わず幅広く精力的に活動中である。


JUGEMテーマ:音楽

| 菊川悠一 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/1409064
<< NEW | TOP | OLD>>