横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


ヨシノスケDJします”CEU@渋谷plug” 2012.02.08 Wednesday
研究員課外活動
     
7周年を迎えるfree cubeが、集大成として主催するラテンフェスティバル”CEU"でDJします。
もう、バンドが凄いです。
IBB、コパ、モシダーヂのバテリア隊・・・。
そんなソウソウタル面子のイベントにDJとして参加します。

お誘いいただいたfreecubeの皆様に感謝いたします。

ブラジリアン、サルサ、マンボ・・・ラテン、ブラジル種々雑多に、
沢山の音楽を持っていこうかと思います。


*******

【Ceu】


2012/2/11(土)
@渋谷PLUG
OPEN 17:00 START 18:00
adv/¥3000(D別) door/¥3500(D別)

live:
copa salvo
free cube
mocidade vagabunda bateria nota 1000
Immigrant's Bossa Band

DJ:
TOM from Truestar Entertainment,Inc.
ヨシノスケ(evergreen/横濱ジャズ研)

Lighting:
摩天楼

*****
LIVE:

●Immigrant's Bossa Band
“Mellow & Funky! Cool but Hot! Jazzy Brazilian Sound”。そして “伝わる” ライブをーワードに結成された和製ブラジリアン・ジャズ・バンド。“Billboard Fukuoka”、夏フェス “夏開き”、“夏結び”、小林 径氏がDJを務める“Routine Jazz” や、須永 辰緒氏がプロデュースするイベント “夜ジャズ” 連続出演、“World Standard West”、“WorldStandard in Shizuoka”,“東京 JAZZ 2006 Pre LIVE”、”福岡 Keep Jazz By” など、クラブ、ライブハウスを主体に精力的にライブ活動を行い、様々なコンピレーションCD ( Tokyo Bossa Nova、和ペリティーボ、Tokyo Luxury Lounge Bar Time、etc...) 等へ多数楽曲を提供。2007年3月23日、新作「IMMIGRANT'S E.P.」をアナログオンリーでリリースし、Dance Music Records の4月3日付けトータルセールスチャートで1位を獲得。2009年7月、イギリスの総合誌 “Monocle” のウェブチャンネル “Monocle Summer series” にて、スタジオライヴを全世界に配信。前Vo&Gt. Ray が2009年いっぱいで脱退し、2010年新たに Vo. Shoco と Gt. Isao が加入。4月には海外香港でのライブを行うなど様々な層のオーディエンスからの支持を受け、急速に成長を続ける現在最 も注目されるバンドの一つである。

●mocidade vagabunda bateria nota 1000
mocidade vagabunda bateria nota 1000《ノタミウ》は、横浜を拠点に活動するサンバ小集団mocidade vagabunda《モシダーヂ・ヴァガブンダ(=グダグダな青春)》のフラッグシップとなるバテリア(打楽器隊)をベースとしたロックテイスト溢れるブラジリアン・ミクスチャー・ユニット。SAMBAをベースとしつつ、日本に生まれたボクらがこれまでに触れて来たFUNK、HIP-HOP、HOUSE、ROCK、POPSなどの、あらゆる音楽を飲み込んでボーダレスに展開し、TOKYO/YOKOHAMAオリエンテッドなSAMBAの表現を目指す。「SummerSonic 2009」「J-WAVE SAUDE! SAUDADE... CARNAVAL 2009/2010/2011」へも出演を果たした20名を超える大人数、大爆音によるライブ・パフォーマンスは圧巻。大迫力のバテリアが生み出すグルーヴ。炸裂するホーンセクション。疾走するギター。重なり合うコーラス。日本語とポルトガル語の入り交じった歌詞を乗せた繊細なメロディ。そして狂乱のフロア。どんな会場でもアッパーな空気で埋め尽くすライブには定評あり。

●free cube
「おはよう、こんにちは、ごちそうさま、ありがとう、また会いましょう」
心の奥まで届く音と言葉をモットーに活動を続ける、2人が奏でる音楽はWORLD pops music。bossa novaやsambaのリズムを軸として、体が踊り出す様な軽快な曲から、心に響く祈りの歌まで、一カ所にとどまる事なく様々な表情をみせる。音楽で人と空間を繋いで行く自主イベント「さざ波」を奇数月第三日曜に渋谷スンダランドカフェにてオーガナイズ。歌担当のエミコとギター担当のc.j.に加え、ゲストミュージシャンを迎えてのライブ活動も行っている。今回はBass清水聡、Per.DUKE(from AlterBingo)、Drum岡山晃久を迎えての5人編成!

●copa salvo
ラテン・ロッカーズ。2000年結成、FUJIROCK、SUMMER SONICといった夏の野外フェスに出演、キューバでの海外録音、韓国でのロック・フェスにも招聘されるなど、世界を股にかけライヴバンドとして定評のある圧巻のステージを繰り広げている。また、ミゲル・ピニェロの生涯を描いた劇場公開映画『ピニェロ』の主題歌や、ファッション・ブランドや漫画家とのコラボレートなど、ストリート・カルチャーに根ざしたハイブリッドな活動を展開。2010年10周年を記念し20名編成のマンボ・オルケスタOrquesta copa salvoとして活動開始ニュー・ アルバム『Los lobos del mambo』を発売。 2011年1月23日にビルボードライブ東京で限定の単独公演を大成功に収める。

DJ:

●TOM from Truestar Entertainment,Inc.
1985年生まれ。横浜在住。横浜を中心に活動するDJ / オーガナイザー。
その人脈は果てしなく、バイタリティに溢れた意思を持って数々のイベントを主催。自身のメインとなるイベント、QuietPlanでは、横浜で活躍するDJ、ミュージシャンのみならず、ダンサー、グラフィティアーティスト、BMXライダー、陶芸家、移動本屋までと、幅広いブッキングで観客を魅了する。フォトグラファーとしての一面も持ち、都内、横浜のイベントを激写する。

●ヨシノスケ(evergreen/横濱ジャズ研)
1978年横浜にblack/Italian/Japaneseのmixとして生まれ、2005年に横浜underground sceneに遭遇。 生音中心の選曲で、partyの楽しさを伝える事をDJの第一義としている。 
現在、横浜伊勢佐木町bar move第一金曜日【evergreen】のレギュラーDJである他、年4回開催されるクラブジャズイベント【横濱ジャズ研】のレジデントでもある。

shibuya PLUG
東京都渋谷区神南1-23-13-B2
03-5428-9188
info@shibuya-plug.tv
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/1409026
<< NEW | TOP | OLD>>