横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


日向さやかDJします「カルペンティエル地下文学賞」 2010.01.04 Monday
研究員課外活動

日向さやか近影byマサ兄

今年も残すところ後わずか。
皆様ジャズ研をいつもご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
お陰さまで、研究員一同様々なフィールドでDjさせていただけているのは、
blogの読者の方々のお陰でございます。

来年の話をすると鬼が笑うといいますが、
言わずにはいれない、素晴らしいブッキングを頂きましたので、
どこよりも早くこの場で申し上げさせていただきます。

2010/2/4木、恵比寿リキッドルームでの菊地成孔氏のライブイベントに、DJとして出演致します。
12月青山CAY以来、二度目の共演となります。
直、当日は菊地成孔氏もDJをされるとのこと!

菊地成孔氏は、とても、深い音世界のDJをされます。
是非、この目でお確かめになる事を強くお勧めいたします!
ご本人のサイトでも2月の件、既に告知されてらっしゃいます。
http://www.kikuchinaruyoshi.com/dernieres.php?n=091222041718

※CAYでの模様tower recordsの音楽情報誌、intoxicate(イントキシケイト)
(タワーレコード発行の無料の音楽情報誌)に写真掲載されているようです。
intoxicate様のblogにも、当日の模様がレポートされておりますね。
ttp://blog.intoxicate.jp/content/2009/12/2009121eats-and.html


対バンも、world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVALと、
なかなかこの組み合わせは面白くもあり、貴重であると思います。

******************
「カルペンティエル地下文学賞」

2010.02.04(thu)
at LIQUIDROOM・恵比寿
http://www.liquidroom.net/front/index.php

<LIVE>
world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール guest:林正子(ソプラノ)

<DJ>
菊地成孔
日向さやか

OPEN/START 19:00
adv ¥4,000(税込・ドリンクチャージ別)
door ¥4,500(税込・ドリンクチャージ別)

チケット発売日:2009年12月26日(土)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード: 344-064)
CNプレイガイド 0570-08-9999(オペレーター対応)
ローソンチケット 0570-000-777(音声対応)
         0570-084-003(Lコード:70178)
e+(イープラス) http://eplus.jp
お問合せ サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
企画制作 イーストワークスエンタティンメント
協力 LIQUIDROOM
******************
| 羽生義之介 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment








ヨシノスケさま、いつも情報宣伝ありがとうございます!!
マサ兄の撮ってくれた上の写真、ステキですね、うれしいです☆

ほんとにまったく、これほどやりがいのあり過ぎる場に呼んでいただいたこと、しかもこのタイトルで笑、身にあまる光栄です。
わたしの王子さまであり天使でもある菊地成孔氏のため、全力で遊ばせていただきます。

今回のわたしの選曲のテーマは↓

年末にプラハを訪れたものの、美しい観光名所はひとつも回らずに、友人のフラットで麻雀にあけくれる男。
そして、プラハのラテンバーで、踊りもせず、ぼんやりとカルペンティエールを読み続ける女。
そんな二人がプラハではすれちがい、新年を迎えた真冬の東京で出会う。
・・・かもしれない。

というような、90年代(80年代だっけ??)の香港映画か台湾映画みたいなシチュエーションをなぜだか想定し、じゃあそこで流れるサウンドトラックは??

・・・なんて思って、目下選曲快調です☆

乞うご期待!!!

あ、そう言えば、菊地さんの「速報」サイトは、新しい速報がアップされると同時に、それ以前の速報のアドレスが確定される仕組みのようで、ヨシノスケくんが上の記事内でリンクしてくださったアドレスも、下記に変更されております。
http://www.kikuchinaruyoshi.com/dernieres.php?n=091222041718
posted by 日向さやか | 2010/01/06 1:28 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/1303986
<< NEW | TOP | OLD>>