横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


ご来場ありがとうございました。 2009.02.08 Sunday
ジャズ研イベント
更新が遅れましたが、
1月のdolphyジャズ研、お越しいただきありがとうございました!
音をかけても、クラブとは全く違う雰囲気…。
ジャズの持つ本来の滋味をたっぷりと味わう事が出来ました。
dolphyに積み重ねられた年月のなせる業でしょうか。

また講義も、ゲストのTOJOさんだけでなく、
dolphyマスター、ツネさんにもご参加いただき、
TOJOさんからはclubjazzの、ツネさんからはjazzclubの意地というか、
"思い"といいますか、そういったものが伝わる講義と選曲をしてくださりました。

これはある種プレミアムな体験だったのではないか、と思います。

朝の一曲入魂の時間で、
安部心とTOJOさんが選曲したバージョン違いの、
板橋文夫氏の名曲"WATARASE”は、
どこで聞いた渡良瀬よりも、胸に迫ってまいりました。

横浜で、このジャズクラブで、
ジャズ研を開催できて良かったな、と感無量の思いでした。

僕らジャズ研クルー、早速次回に向けて構想を練っております。
次回も、是非、ごひいきの程、宜しくお願いいたします。

講義"2000年代のジャズ"tracklist:

研究員:
菊川悠一:Idea 6 / Tune up
安部心:Five corners quintet / waltz up
日向さやか:Alex wilson / oh kuri
羽生義之介:phat / メキシカン・プッシャー

特別客員教授:
TOJO:細川玄 nice groove cool jazz unit/yellow temptation(afrotnier remix by jun morta)

サプライズ・ゲスト
ツネさん:grace mahya / kiss os life

当日の写真by マサ兄
http://picasaweb.google.co.jp/koganeze/2009_01_17JAZZSPOTDOLPHY#

| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jazzken.youknowhat.com/trackback/1062467
<< NEW | TOP | OLD>>