横浜ジャズ研 - This is how I feel about jazz

イントロ  ジャズ研・イベント  講義  学食  フライヤ  フォトギャラリー  課外活動  DJ mix  レポート  横浜  壁紙  最新エントリ  コメント  RSS1.0  Atom0.3 
横浜ジャズ研 研究発表 DJ mix
最新DJ mix公開中!



横濱ジャズ研
日本ジャズ発祥の地、横浜で開催するクラブジャズイベント。 Quincy Jones先生の名盤、 "This Is How I Feel About Jazz" の問いに対して、 4人の研究員が考えるジャズを 50〜60年代、2000年の生音ジャズを中心にDJで表現します。また横濱ジャズ研ではクラブイベントの新しい試みとして毎回講義を開講。 研究員がマイクを持って、日々の研究成果をテーマに沿って解説します。

年間スケジュール

お問い合わせ
DJブッキング、その他お問い合わせは、
jazzken(@)youknowhat.com
まで((@)を半角のアットマークに変えてください)。お待ちしております。


3/36USTジャズ研ありがとうございました 2011.03.29 Tuesday
レビュー
3月26日土曜日、横浜・黄金町のジャズ研部室からお送りしたUSTジャズ研を視聴していただいたみなさま、ありがとうございました!

部室内の雰囲気を配信するために、通常のUSTはDJだけ映しているが、あえてDJブース以外も映るようカメラを配置。最大限に高音質にし、かつ画質を抑えてiPhoneからでも視聴できるようにチューニングしました。 途中iPhoneから視聴できなくなるトラブル発生し、他にも改善点はありますが、Twitterの反応も上々で楽しんでいただけたと思ってます。

家(部室)からネット上にいる見えないお客さんに対してDJし、Twitter経由でダイレクトに反応があるは、クラブでDJするのとは違った緊張感、喜び。最後は家飲み状態でワイワイ酔っ払い、普段のジャズ研の雰囲気を出せたと思います。

講義は「日本の力」と題して日本の復興を祈願し、日本人ジャズを紹介しましたが、Webに全員の紹介曲をリストアップしましたのでご覧ください。

第15回横濱ジャズ研 講義:日本の力

DJでは江利チエミと東京キューバンボーイズによる「相馬盆唄」を選曲しました。
この曲は福島相馬地方の民謡ですが、歌詞のように福島だけではなく米どころの東北全体が稲穂垂れる豊かな台地が再び広がるよう一日も早く復興を祈っております。



第15回横濱ジャズ研 - USTジャズ研
2011年3月26日(土) 14時
テーマ:日本の力
特別客員教授
・Young Love(JazzLabo)
・小川正智
・Nassy(Bohemianvoodoo)
・Electropico (SalsaJapan!)

研究員:
 菊川 悠一 (youknowhat?)
 日向 さやか
 安部 心 (408 studio)←インド修行中により欠席
 羽生 義之介 (evergreen)
| 菊川悠一 | comments(0) | trackbacks(0) |
bohemianvoodoo 1st full album「Lapis Lazuli」発売! 2010.07.07 Wednesday
レビュー



横濱ジャズ研でも幾度となく素晴らしいライブを披露していただいている、
僕らの最愛の仲間”bohemianvoodoo”が本日7/7、
ついにP-VINEから1st ful albumをリリースしました!
わがことのようにうれしいです!めでたい!



タワレコ横浜店では6日に店頭に出ており、
視聴用に並べられた在庫が薄くなっておりました。
是非見かけた際には手に取ってみてくださいね。
長く聞ける一枚です!

きになるかたは7/11にタワレコ渋谷店でインストアイベントがありますよ◎
http://tower.jp/store/event/2464
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2010.07.07 Wednesday
レビュー
 
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
   2010.07.07 Wednesday
レビュー
  
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
MOVEとbohemianvoodooと横濱ジャズ研 2010.05.20 Thursday
レビュー
bashiry (bohemianvoodoo)
文:bashiry(bohemianvoodoo)
写真:マサ兄

いやあどうも。
なんとも感慨深いです。 先日7月7日発売予定のアルバム「lapis lazuli」の
最終マスタリングが終了しました!あとは発売を待つだけです。
何ともすばらしいアルバムになったと自負しております! 

いやあ、音の作業がすべて終わったあとの一杯 最高だった! 
皆さんの手元に届くまでもう少しですね。7月7日七夕です。 


さて、大事な告知がもう一つ

きたる5月29日(土)です。
bohemianvoodooの古巣、横浜bar moveにて、プレリリパを行います。
この日は横濱ジャズ研3周年との合同イベントです。
地元横浜でリリースパーティを開ける幸せったら無い!

この日はアルバムに参加してくれた島さん(silent jazz case/shima and shikou DUO)もライブに全編参加!フルブラストしてくれますよ。
恒例の講義も島さんが喋ってくれます! 
是非とも、是非ともみなさんに聞いて頂きたい一夜となります。
滅茶苦茶楽しい一夜になります!保証します。

この日は先着でbohemianvoodoo/横濱ジャズ研リミックスCDをプレゼント!
先日録音してきましたがとってもいい感じに仕上がってましたよ〜
こちらも先着となりますが是非たくさんの人に聞いて頂きたい。 
______________________________

「move」という横浜の遊び場は、自分にとっては重要な位置なのだ。
20歳の頃に、初めていったmoveで知り合った人達。

後々、イオリ君が最初に繋がったきっかけもmoveが軸となっているし、
いま都内であう人達ですら、その横浜の片隅の小さなバーが軸になって繋がる事も多い。

横濱ジャズ研とbohemianvoodoo
全然お互いが知らないところで繋がっていて、
ふたを開けてみればみんなmoveの仲間でした。

それは不思議と必然のような気がします。
飲み屋の席でみかけたあいつ。の様な感覚とはちょっと違うんです。
同じ事なのに、moveで息統合したという事になんとなく意味があるんですよね。(みなさん、一度来てみたら分かります。)

ボヘでの最初のライブは丁度2年前、ジャズ研の発足1周年の時にライブをさせてもらった。僕らのライブとしてはまだ結成以来4回目のライブだったと思う。

それから僕らはCDを出して色んなところでライブをやらせてもらえる様になったり、ジャズ研のみんなも個人的に活動の場を都内等にも広げていたと
思う。 同じ頃からその都内のイベントでも横濱ジャズ研のメンバーと一緒になる事が多くなった。
なんとなく、横浜ジャズ研の菊さんとか安部さんとかヨシノスケ、さやかさんがいつも現場にいてくれるだけで心強くて、安心してライブできたんだな。 (甘えか?)

菊さん、安部さん、ヨシノスケ、さやかさん。 
素晴らしい4人です。ジャズ研以外でも色んな場所で、色んなユニットで僕らと絡んで成長してきた仲間達なんです。 

横濱ジャズ研 その名前は横浜の域を超えて、いまは都内でもその名を響き渡らせています。ずいぶん勝手な事をいえばbohemianvoodooは横濱ジャズ研と一緒にmoveから歩んできたと思っている。

そして今後もお互い切磋琢磨して刺激し合える関係 
バンドとイベントという枠から飛び抜けた関係でありたいと思っている。
それは俺らが横濱ジャズ研というイベントが本当に楽しくて、
遊び行きたいと思えるイベントだからこそだと思う。

ジャズ研の1周年で初ライブをさせてもらって以来、2周年、次の3周年とライブをやらせて頂ける事 しかもmoveでできるという事。
本当に嬉しいんです。

これからもずっと続いていって欲しいと思う素晴らしい横浜を代表するジャズ
イベントの3周年を飾れる事。本当に誇りに思います。 
ジャズ研も3周年おめでとう! いい日にしましょう
俺らは超いいライブで盛り上げるぜよ〜!!! 期待しといてくれ。



第13回横濱ジャズ研 - 3周年
bohemianvoodoo 1st Album Release Party

2010年5月29日土曜日22時@Bar MOVE
¥1,500(1 drink)
特別客員教授:島裕介(Shima & Shikou DUO) / bohemianvoodoo
講義:横浜ジャズホテル

先着でbohemianvoodoo楽曲横濱ジャズ研リミックスプレゼント!

会場 - Bar MOVE
住所:横浜市中区長者町7-114HDイセザキビル4F
電話:045-243-0999
最寄駅: JR/地下鉄関内駅、京急日ノ出町駅

長者町7丁目交差点のビル4F。1階が薬局で向かいは「かに道楽」です。
| 菊川悠一 | comments(2) | trackbacks(0) |
shuren the fire 2009.12.21 Monday
レビュー
SHUREN the FIRE/MUSIC



shuren the fireの1st。
もはや詩であるリリックの切れ味素晴らしく、また、
ここまでジャズの薫り高いhiphopも、そうはないのでは?
最早jazzyではなくjazz。

因みにサンプリングネタはこれ。
Horace Silver/Song For My Father



shuren the fireさん、今は公務員をしているらしいです。
音楽で食べていくのは大変な事ですもの。
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャズ購入日誌 2009.12.20 Sunday
レビュー
●原信夫とシャープス・アンド・フラッツ/ニューポートのシャープス・アンド・フラッツ


今日はこれを遂に買うことが出来、感無量です。
昔ラジオで聞いたソーラン節のジャズアレンジが素晴らしくかっこよく、
忘れられなかったのです。

全曲、日本の音楽をジャズにアレンジしたものです。
ソーラン節が素晴らしいのはモチロンのこと、
さくらさくらのワルツアレンジも優雅で最高です。
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
"はじめてのJAZZ" 2009.11.07 Saturday
レビュー
ほぼ日刊イトイ新聞に、
タモリさん×山下洋輔さん×糸井重里さんによる、
"はじめてのジャズ。" というページがありまして、
大変興味深く読ませていただきました。

とても判りやすいお話、
そしてそしてウィットに富んだユーモアが素晴らしく、
楽しく見ることができます。
やはりモノを極めた人のお話は、物凄く判り易いですね。
http://www.1101.com/jazz/2005-04-27.html

で、その打ち合わせ対談。
これもとても面白いです。
http://www.1101.com/jazz/2004-12-24.html
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
僕の愛読書 2009.11.03 Tuesday
レビュー

waxpoetics。僕の愛読書。
musicloversは是非。
今月はmichael jackson/lord finess/Gamble and Huff・・・
どれもが独自の切り口で書かれています。
前号はmiles davisの電化時代の話とか、載っており、
大変興味深かったです。
tower recordsや大型書店等で購入可です。

waxpoetics japan website:
http://www.waxpoetics.jp/
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャズ購入日誌 2009.09.22 Tuesday
レビュー
●鳥尾さん/be bop

トリオ編成でbe-bop。
早い、カッコいいの二拍子です◎
現場でプレイするのが楽しみです!
milestonesのカバーなど、白眉がいくつかあります。
| 羽生義之介 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3 | >>